header2016-8-19

こんな方にお薦めの教材です!

yajirushi-blue

check_green2

「 近くに良いデッサン教室・予備校がない・・・」

check_green2

「 受験にデッサン課題があるので、デッサン力をつけたい」

check_green2

「 予備校や教室まで遠いしお金がかかる・・・」

check_green2

「 予備校にはすでに通っているけど、テクニックに自信が無い・・・」

check_green2

「 たくさんデッサンをしても、1からの描き方がなかなか分からない・・・」

check_green2

「 先生のデッサンを見る機会は少なく、自分で思うまま描いているので不安・・・」

check_green2

「 デッサン教室や予備校のスタート日と自分のはじめたいタイミングが合わない・・・」

check_green2

「 人が多い中で描くのは苦手・・・家でデッサンの勉強できないかな・・・」

check_green2

「 我流で描いているので不安・・・なかなか上達しない・・・」

 

プラクティカルデッサン講座は、
上記の様なお悩みを解決します!

 

プラクティカルデッサン講座なら・・・

 
arrow4

 自宅にいながら自分のペースで学べる。

 プロの添削で自分の苦手なところをしっかり把握できる。

 何度でも気になるところをリピートして学ぶ事ができる。

 東京芸大出身のデッサン上級者の手順をモデルとするので1からのデッサンの描き方が掴める。

 受験のためのデッサン強化に必要なポイントを、丁寧に個別アドバイスしてもらえる。

 ポイントやテクニックが集約されているので、短期で上達できる。

 ポイントやテクニックを適切な順序で解説しているので、デッサンの描き方を基礎から上級レベルまでしっかり理解できる。

 いつでも「やりたい!」と思いついた時にスタートできる。

 
reasonable 

ベーシック講座お申込み
 
お気軽にお問合せください。
<一般社団法人 日本アート教育振興会>
TEL:0120-951-377 メール:dessin@jeara.jp


 
 

全てのデッサンを解説付き動画で学べます

 

デモンストレーターも
東京藝術大学出身アーティスト!

デッサンの全工程が動画で視聴できます!


 

★クオリティーの高いデッサンの全工程を、
薄久保香先生の解説付きでご覧いただけます!

 

解説付き動画を見ながら手順に沿って練習!

dessinkoutei-2

アウトラインが完成したら、いよいよ立体感の表現に入ります。

dessinkoutei-3

鉛筆の種類が表示されますので、各工程で必要な鉛筆がすぐにわかります。

dessinkoutei-4

各工程で、鉛筆の先まで確認できるシーンが多数あります!

dessinkoutei-5

質感を表現するための仕上げまで、全てを公開!

dessinkoutei-6

完成!東京芸大出身アーティストによる1~100までのデッサン工程を、体感しながら学んでいただけます!

dessinkoutei-7
 
 

様々なスキルが身に付く
厳選された9つのモチーフ

 

プラクティカルデッサン講座では、Basic講座とAdvance講座合わせて厳選された9つのモチーフで上達を目指します。1つ1つのモチーフにしっかりと向き合い、細部まで丁寧にデッサンしていく事で、たった1つのモチーフから多くの事を習得する事が出来ます。

 

 

モチーフ名: レモン

 
lemon 


 

モチーフ名: ガラス瓶と木の実

 
bottle 


 

モチーフ名: 石膏

 
sekko


厳選された9つのモチーフで、短期間で上達!

9motifs

※ 各モチーフ写真は白黒・カラー両方でご用意しています。

ベーシック講座お申込み
 
お気軽にお問合せください。
<一般社団法人 日本アート教育振興会>
TEL:0120-951-377 メール:dessin@jeara.jp


 
 

個々の目的に対応した分かりやすい添削!

 
 

tensaku-5

添削は、受講生との大切な対話の場。
受講生それぞれの目的や心境、成長過程を大切にしながら添削を行っています。

添削は薄久保香先生が厳選した添削講師陣が行います。美大受験やプロ作家にも指導ができるスキルの高い講師になりますので、初心者の方に分かりやすい事はもちろん、上級者の方も安心してご受講いただけます。

 

下記選定基準を満たした優秀な講師陣が
あなたに最適な指導をします。

 

 

★ 現役で創作活動を行う作家

★ 有名美大・藝大出身者

★ 指導経験が豊富な人材

★ 美大での講師経験・中学・高校での指導経験者

 

 


 

講師の説明はとてもやさしく分かりやすく、受講生の心境を大切に考え、添削を行っています。添削は受講生との大切な対話の場となりますので、上達の為のアドバイスはもちろんの事、モチベーションを高く保てるように、よりデッサンの楽しさを知って頂けるように、受講生それぞれの目的や心境、成長過程を大切にしながら、添削を行っています。

 

レベルや目的に合わせた添削で
モチベーションUP!

ますますデッサンが楽しくなる!

 
tensaku-arrow-bluetensaku-sample1 

 
campain-juken

 

受講生からメッセージ

 

東京都 大学院生 西村理美さん

nishimurasatomi

昔から絵を描くことが好きだったのですが、いつかちゃんとデッサンからやろうと思いつつ、忙しい日々に追われ、通学生の講座は受講できず願望を抱くまでで終わっていました。私は社会人大学生なのですが、プラクティカルデッサンのような通信講座ならなんとか受講もでき、念願のデッサンに挑戦できて、とても嬉しいです。同じ受講生の作品も見れて参考になりますし、敷居が高かったデッサンが手軽に始められるというところに好感を持ちました。初心者でも教材がいただけるので、何を用意すればいいのか、という不安もなくすぐに取りかかれます。もっと描けるようになるために今後もがんばろうと思います。

 
users-voice 
 

 

 

Y.Aさん

学ぶべきポイントがわかりやすく、映像にてなんども確認できるところがとてもよかったです。
モチーフも写真なので、気軽に取り組めますし、課題を送るのも手間がかからないので、有り難いです。

添削に関してもとても細かく指摘されていて、改善点のみならず、良いところもほめていただけるのではげみになり、次はもっと頑張ろう!という気持ちになりました。

まだ始まったばかりですが、受講期限も長く設定されているので、忙しい私もマイペースで取り組んでいけそうです。

これからが楽しみです。

 
users-voice 
 

 
 

高校3年生 M.K.さん  美大合格

受験課題を添削していただいてから少し間があいてしまいましたが、受験結果がでましたのでご報告させていただきます。色々とお力添えいただいた甲斐があり、無事合格することができました。
個別に色々としていただけたのは本当に稀なケースだと思いますので本当に感謝しております。ありがとうございました。
まだデッサン講座の課題は残っているので色々と落ち着いたら再開しようと思っております。引き続き宜しくお願い致します。

彫紙アーティスト
彫紙アートインストラクター M.Sさん

やればやるほど変わってくるのが面白く、自分にも絵が描けるのかも?!
と錯覚してしまいそうです。

これが気持ちよく誤解させてくれるこのコースのいいところだと思います。

ベーシックコースでは、思ったほど苦労せずに絵がかけてしまった゛気にさせてくれたので絵を描くことへの抵抗感がなくなってきました。

アドバンスに入って、ちょっとずつ考えながら描くようになってきましたが、ビデオを見ながらやってみると、なんとか一人でも完成にたどり着けました。

徐々に課題にはない別のデッサンもやってみようかなーと意欲がでてきました。

自分の中で大事件なんです。

引き続き、残りの課題も楽しみながらやっていきます。

レッスンでは前にやった子供の髪の毛の描き方が次の猫の毛並みに応用できたので上達の順序も考えられていて、さすがだな、、、、と感じました。

いまだに絵を描くことは奥が深いと思いつつ、手をつけることができて(最初はやりたくても手をつけるのも抵抗があったくらいです)、なんとか絵に見えるものが自分に描けた!という驚き。自分でも信じられないくらいです。

添削には愛が感じられ、先生のコメントを拝見して、さらにやる気がでてきました。

私も描けるようになりたいという夢が現実の目標になってきました。
ありがとうございました。

 
users-voice 
 

 
 
ベーシック講座お申込み
 
お気軽にお問合せください。
<一般社団法人 日本アート教育振興会>
TEL:0120-951-377 メール:dessin@jeara.jp
 
 

プラクティカルデッサン6つの特長

 

feature01_img

b-feature01_stl
 

現役で活躍中の現代美術作家・薄久保香先生は、東京藝術大学大学院博士号を取得後、海外に於ける展示活動やアーティスト活動の傍ら、様々な大学で講師を務めています。プラクティカルデッサンなら、ご自宅に居ながら「薄久保 香」先生監修のデッサン講座が学べます。あなたも早速、デッサン上達のコツを学びましょう!

 


 

フォトデッサンで時間を気にせずいつでも学べる

 
b-feature02_stl
 

光に左右されないので、朝でも夜でも好きな時に同じ光の状態でモチーフを見ることができ、忙しい方でも場所を問わず、マイペースに学ぶことができます。

 


 

作品創作のコツを有名作家の作品を用いて解説します

b-feature033_stl
 

作品創りに役立つ基本知識や、作家にまつわるエピソードなど、「絵画創作エッセンス」もお伝えします。アートを論理的な視点で見ることによって、ワンランク上の作品創作のヒントがみつかります。

 


 

進級制度で自分のスキルを証明できる

b-feature04_stl
 

3級・2級・準1級・1級と進級制度があり、講座修了時には認定証が授与されるので、自分の現在の状況を把握できます。そして、明確な目標を持って学べるので、途中でつまずきにくく、実際にスキルアップしていくのを実感できます。

 


 

スマートフォンやタブレット端末にも対応

b-feature05_stl
 

テレビを見るように、リラックスした状態で場所を問わずいつでも見れるので、「お勉強」という感覚は一切与えません。

 


 

feature06

b-feature06_stl
 

初心者の方から上級者の方、受験生の方まで、その方に合わせた添削を丁寧に行っています。
デッサンを描いたら、添削サイト「デッサンレビ」からご提出できますので、ご提出から添削結果のご確認まで、全てオンラインで済みますので、時間を気にせず、いつでも講師に提出できます!
完全プライベートのマイページには、「デッサンつうしんぼ」に評価(S/A/B/C)が記録されますので、客観的に得意なモチーフ・苦手なモチーフ・未挑戦のモチーフにも気づくことができ、計画的にデッサンを学ぶことができます!また、マイページにはあなたの全てのデッサンが保管されますので、いつでも成長過程を確認、実感できます。

 
ベーシック講座お申込み
 
お気軽にお問合せください。
<一般社団法人 日本アート教育振興会>
TEL:0120-951-377 メール:dessin@jeara.jp
 
 

講座監修は、国内外で活躍する
現役・現代美術作家

 

プラクティカルデッサン講座 監修

薄久保 香(うすくぼ かおる)

 

2004年 東京造形大学造形学部美術科絵画専攻卒業

2010年 東京藝術大学大学院美術研究家

博士課程美術専攻修了博士号取得

◎ 京都造形美術大学、東京造形大学、東北芸術工科大学、
名古屋藝術大学にて、過去現在講師を務める。

 


主な展覧会


 
work1
 

< 個展 >


2007年 「 Wandering season 」TARO NASU(東京)

2008年 「 UPlogist 」Wohnmaschine(ベルリン)

     「 NEXT 2008 」(シカゴ)

2010年 「 Part and the hole 」Wohnmaschine

     (ベルリン)

2012年 「 crystal moments 」LOCK(ベルリン)

     「 輝くもの天より堕ち」taimatz(東京)

2012年 「 crystal Voyage 」(フリードリヒスハーフェン)

 

< グループ展 >


2011年 「横浜トリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR」 ~ 横浜美術館(横浜)~

2011年 「ミニマル/ポストミニマル展 70年代以降の彫刻と絵画 」 ~ 宇都宮美術館

 

など、国内外で個展の開催や、展覧会にて作品を出展しております。


 


「薄久保 香」先生からのメッセージ


 

 


国内外で注目の現代美術作家


 
 

 プラクティカルデッサン講座監修の薄久保香先生は、『Dior』との特別企画制作を実現させるなど、今もっとも注目されている女性作家の1人です。「ニッポン・アートの躍動」「Picturing People」「FIGARO」「Numero TOKYO」等、国内外の様々な雑誌や書籍で注目のアーティストとして、その作品が紹介されています。

現役で活躍するアーティストでありながら、様々な大学で講師を務めるなど、アート教育にも力を注ぎ、受講生の悩みや、進みたい方向性を的確に掴みながら答えを導きだすスタイルで、その指導方法に高い信頼を得ています。

 


掲載書籍


 

picturingpospole

“Picturing People”: The New State of the Art. 著:Charlotte Mullin
世界中でベストセラーとなった書籍の続編、PicturingPeople: The New State of the Art Search results for ‘Charlotte Mullins’。最新のアートの動向として、Cindy Sherman、Grayson Perry、Adrian Ghenieなど、現代アートシーンを席巻するアーティストと共に掲載される。


 

nipponart

“ニッポン・アートの躍動“ 著:高階秀爾
日本現代アートの最先端を行くトップランナーの一人として掲載される。
作品「stop and motion」を通して、薄久保香先生の卓越したアートの世界と写実性を追求するスタイルの解説と共に、類い稀な作家として紹介される。

 


活躍中のアーティスト達が
薄久保先生と講座をご紹介します!


 

「個性を大切にしながら、
プラスになることを教えてくれました!」

 

栗木結生

yui-kuriki

 

茨城県水戸市出身
1994年生まれ  
2016年 東北芸術工科大学芸術学部美術科 卒業
2016年 東京芸術大学大学院美術科研究科修士課程 入学

 

活動・作品

 
yui-kuriki-wk

タイトル: 「火竜色の目をした彼女のように」

 

私は、神様から見える視点を想いながら絵を描いています。
この作品は、未来の森羅万象をモチーフにしました。この作品では、ペガサスのような未知の来訪者が星の中を翔けており、それは、現代社会の諸相、自然の轟き、地球の語る光景を表しています。このドレスの部分は、音楽を奏でながら踊りに興じる何かであり、また何処を彷徨っている人間の姿でもあり、神秘的な美しい宇宙に生きている私達が何かを求めて飛び立つ場面なのかもしれません。
この作品をみて、命を感じてほしいです。私は表現することが大好きです。
扱う素材が何にせよ、私は作品で語れる人でありたいです。そして命が美しく輝いているような作品を作りつづけてゆきたいです。

 

薄久保 香先生のご紹介

 

 美大に入学した頃の私は、デッサンができないコンプレックスを持っていたため、まず苦手なものを改善しようと努力していました。その時に、薄久保先生は自分が持っている得意な面を最高に生かす大切さをアドバイスしてくれました。先生の指導は、わかりやすく丁寧なので、何の隔てもなく質問することができ、作品制作に意欲的に取り組むことができました。その人に合うように個性を大切にしながら、プラスになることを教えてくれるので励まされました。
徐々に制作はとても楽しいものに変わり、たくさんの気づきによって、自分自身がみえてきました。作品にも自分にも自信がつき、この自信が私の宝になりました。
作品と同時に私は、過去よりも今の自分が好きになりました。作家を目指す私にとって、薄久保先生は目標です。これからも、私にしかできない新たな可能性に挑み続けていきたいです。
また、先生に教えてもらいたい!

 

講座のお勧めポイント!

 

 ベーシック、アドバンスともに、手順がしっかり理解しやすい内容です。

デッサンの始まりから完成までの動画と解説が、初心者にも技法を惜しみなく伝えてくれていてとても分かりやすくて勉強になります。ポイントとアドバイスを、好きなときに繰り返し見て学ぶことができる所が特に良いです。
 また、興味を持たせてくれる内容が詰まっているので、ただ見るだけでなく、わくわくしながら美術の世界へと入り込み、デッサンのコツをつかんでゆくことができます。
しかもレッスン数も多いので、基本から段階的に順序よく、落ちついてじっくりと取り組めると思います。

 さらにデッサンだけでなくて、ほかに西洋画家達がどのような考えで描いていたのか、美術史にも触れる事が出来るので、絵を描く強みとなることも同時に学べます。美術が好きで、美術をもっと学んでいきたい人、絵を描いていきたいがデッサンが苦手な人も、作家さんたちからのリアルなアドバイスを是非参考にしてみてください。

 

 

「常に一人一人の生徒の現状課題を的確に捉え、
次のステージに進むための
多くのヒントを下さいました。」

 

西村 有未

yumi-nishimura

 

1989年生まれ  
京都市立芸術大学大学院
美術研究科絵画専攻 修士課程修了

主な個展に、12 年「毛わらと油」 (美術出版社ビューイングス ペ/東京 )、 13年「例えば祖父まで、もしくは私まで。こんもり出現」(TWS本郷/東京)、15年「場面集と地面色の人」(CSLAB,mime/東京)。グループ展に、10年「現役美大生の現代美術展 -Produced by X氏」(Kaikai Kiki gallery, Hidari Zingaro/東京)、12年「Code Color Museum Project Install art works in the parking lot」(幕張新都心地下第二駐車場/千葉)、14年「三菱商事アート・ゲート・プログラム 2013年度奨学生作品展」(EYE OF GYRE/東京)など。
パブリックコレクションに山梨学院大学。

 

活動・作品

 
yumi-nishimura-wk
 

小泉八雲の言葉に「人間は事実に依存するよりも、幻想や想像力に頼る生き物である」という言葉があるそうです。これは、私が描く理由を明快に示しています。事実を直接に表さず、どう処理を成すか。その処理方法を絵画にて探っています。
その方法を言い換えるならば「寓意」によるものだと考えています。寓意とは、想像力を通し生まれた神話や民話、名神などの様々な物語の中にあります。そして、それらは心の安寧を得て生きるための知恵や化学の代わりとして役目をはたしてきました。目の前の変えようのないが、理解できない事実をどのように理解するか?そこに物語を置き因果関係を結ぶことで、古来より人々は納得してきたはずです。それは今でも、科学では解決できない不条理な現実の出来事を受け入れるために有効だと思います。
問題を絵画へ一度置くこと。そして、見つめなおし受け入れること。私は現代の人として、寓意の力をあらためて心と体が生き続けるための知恵として、絵を道具に実践を試みています。
自身が行っていることが、結果何になるのか?その先に何があるのか?引き続き制作を通じて、それらを探っていこうと考えています。
作品は常に、知る由もなかった新たな場所や人々の元へ導いてくれています。今後も作り続けることで、どんな出会いが生まれるのか本当に楽しみでなりません。

 

薄久保 香先生のご紹介

 

 薄久保先生には、学部時代よりご指導頂いています。先生は、常に一人一人の生徒の現状課題を的確に捉え、次のステージに進むための多くのヒントを示して下さいました。その際も、私達の目線に立ち、考えを全面的に尊重し、決してご自身の意見を押し付けることはありませんでした。最後は自らの足で立てるよう、先を見通し促して下さります。ですから、先生の多くの教え子の方たちは、自分を強く信じ、貪欲に、けれども冷静に自分だけの道を邁進しています。
これは、アーティストを目指す者にとっては当然の姿勢かもしれません。しかし、実際に体現する力を学び育むことは容易ではなく、一つに、指導者に恵まれる必要性があります。そのような意味で、私は非常に幸運であったと思います。
また、先生ご自身も常に結果を出され、その背中をもってご自分のアーティストとしての哲学を語って下さいました。そのお背中を見る事で、私もアーティストとしての未来に対する展望を強く意識することが出来ました。

 

カメラワークも紙の目がみえるまで
クローズアップしてくれ、
大事なポイントを見逃す心配もありません。

 

 ご自宅に居ながら、質の高いレッスンをいつでも受けられる点が魅力だと思います。なぜなら、フォトデッサンという方式をとっているので、時間帯や場所を選ばず行え、遠方でも薄久保先生をはじめとした充実した講師陣の指導を受けられるからです。とくに、大勢の中だと制作し辛い方、自分のペースで進めたい方、多忙な社会人の方や美大受験を考えているけれど近隣に予備校がな い高校1~2年生の方々にお勧めします。 まずは道具の扱い方から、丁寧に段階を踏んで進んでいくので、初心者の方にも安心して受講できると思います。
そして、 ウェブを介したデッサンレッスンという点も、画期的だと思います。また、講師のデモンストレーションというのは、本来一回きりのものです。ですが、こちらの講座では動画になっている為、繰り返し見返す事ができます。何度も見返すことで、色々なテクニックの発見が可能です。カメラワークも、紙の目がみえるまでクローズアップしてくれるので、大事なポイントを見逃す心配もありません。また、各要所で先生のきめ細かなアドバイスがナレーションとして、流れてくれます。
自転車を乗りこなすために補助輪が必要であるのと同様に、何事もまずは支え助けてくれるものが必要です。プラクティカルデッサン プラクティカルデッサン プラクティカルデッサン プラクティカルデッサン プラクティカルデッサン で講師の方々のアドバイスを受け、研鑽を積まれることは、ゆくゆくはご自身だけの描き方や表現を発見するための歩みとして大きな力になって下さると思います。

 

講座のお勧めポイント!

 

 私はとくに、「Essence of Art」のコーナーをお勧めします。先生が、専門用語や基本的な知識の成り立ちを絵画史から、非常にわかりやすく紐解いて下さいます。また、自分が描きたい絵をどう実現すればいいのか、そのヒントにもなるはずです。
絵を描き始めの頃は、テクニックの上達ばかりに目を向けがちだと思います。しかし、私達が制作し鑑賞もする“絵画”は、先人達の作り上げてきた礎の上に成り立っています。その礎を学ぶことは、絵画を自身の観点から楽しんで理解する為に必要不可欠だと思います。先生の解説は、自分ならどう考えるか、また自分らしく絵画と向き合うにはどうするべきか、そんなオリジナルの絵画観を育む為のヒントになると思います。

 

 

 

「薄久保先生の的確なアドバイスで、
気づかなかった物に気づけるようになり
自分自身でも驚くほどに絵が上達しました。」

 

品川美香

mika-shinagawa

 

  
1988年 京都造形芸術大学大学院修士課程修了
京都造形芸術大学修了展 最優秀賞「大学院賞」受賞

 

活動・作品

 
mika-shinagawa-wk
 

私は、子どもの顔に可愛さと怖さ、正気と狂気、既知性と未知性、といった両義性を見出し、自己と重ね合わせ描いています。
今後も、よく見て丁寧に描くことを続けることで、老若男女、国籍、人種問わず様々な人の心に響く作品を作り、画家として活躍していきたいと考えています。

 

薄久保 香先生のご紹介

 

 私が自分の表現したい世界を、現実のものに出来るようになったのは、本当に薄久保先生の熱心なご指導のおかげでした。描き込みが上手く行かず、
本当に行き詰まっていたとき、薄久保先生の的確なアドバイスで、気づかなかった物に気づけるようになり、自分自身でも驚くほどに絵が上達しました。
薄久保先生と出会ったことで、まるで魔法にかけられたように見える世界が広がりました。

 

講座のお勧めポイント!

 

 道具の使い方、描き方、物の見方まで、具体的にとても丁寧に教えてくれることに驚きました。
デッサンの初心者はもちろん、上級者も楽しんで学ぶ事の出来る講座です。

 


プラクティカルデッサンなら、
ご自宅に居ながら「薄久保 香」先生監修
デッサン講座が学べます。
あなたも早速、デッサン上達のコツを学びましょう!

 
ベーシック講座お申込み
 
お気軽にお問合せください。
<一般社団法人 日本アート教育振興会>
TEL:0120-951-377 メール:dessin@jeara.jp
 
 

プラクティカルデッサン講座概要

 
 

basic_kouza-student

 

basic_kouza-2

basic_kouza-3

 

basic_kouza-4

 
 


 
 

advance_kouza-student

 

advance_kouza-2

advance_kouza-3

advance_kouza-4

 
 

プラクティカルデッサンって
他の通信講座とは何が違うの?

 
 

プラクティカルデッサンのお薦めポイントは
本当に沢山ありますが、
大きな特長は、こちらの3ポイントです!

 

special-1-student

 
 

他には無い充実した講座内容が特長!

 

項目 Practical Dessin
(プラクティカルデッサン)
説明
講師のデッサンスキル 大学で講師を務める芸大大学院卒アーティストが解説
添削の有無 モチーフ毎に必ず添削がもらえる!
デッサンの工程が見れる 芸大卒作家のデッサンの行程が全てみれる!工程に分かれていて分かりやすい!
鉛筆の使い分け 鉛筆の使い分けまで表示!
添削のクオリティ 実際に鉛筆でデッサンを描き加えてもらったような加筆修正がありわかりやすい!
添削のスピード 1~3日で添削が届く!
受講生サポート サポート窓口もデッサンの知識が深いので、悩みをしっかりサポート
受験への対応 それぞれの受験対策に必要なトレーニングを提案・アドバイス
教材 必要な道具がすべてそろっているから安心!
成長の記録 自分の過去のデッサンや添削内容がマイページに記録されていく!
資格 講座を修了するとスキルの証となる認定証が発行される!
アートの知識が深まる デッサンスキルだけでなく、スキル活かす為の作品制作の知識が深まります。
初心者対応 工程が初心者にも描きやすいように工夫されている。

 
 
pinkline

プラクティカルデッサンは、
「現役アーティスト 薄久保香」先生の監修のもと
「一般社団法人 日本アート教育振興会」が認定・運営する
オンラインで学べるデッサン講座です。

pinkline
ベーシック講座お申込み
 
お気軽にお問合せください。
<一般社団法人 日本アート教育振興会>
TEL:0120-951-377 メール:dessin@jeara.jp
 
 

プラクティカルデッサン講座なら
着実にステップアップ!

 
 

初心者の方も、経験のある方も、
まずはBasic講座から修得していただきます。

 
 
stepup-2016-2-8 

3級 <Basic講座>

-Basic講座を修了すると3級の認定証が授与されます-

 

basic-intro

「作品創作に必要な基本知識やコツ、ポイントを習得します。」
Basicで学ぶ事はとても大切な基盤になりますので、デッサンご経験者の方も、皆さん必ずココからスタートします。Basic講座(3級)で身に付けたデッサンスキルが、静的なモチーフや人物ポートレートまで後の幅広い表現方法に活かされます!

 

2級 <Advance講座>

-Advance講座を修了すると2級の認定証が授与されます-

 

advance-intro

「Advanceまで修了したら、幅広い表現力が身に付きます。」
2級取得後は、添削を利用し自分の好きなモチーフでスキルアップ。準1級、1級を目指します。



b_ornament_136_2M 

あらゆる表現技法が身についたら、1級取得にチャレンジ!1級はプロレベルの高度なデッサン技術を証明する最難関の級です。 1級を取得すると、一般社団法人日本アート教育振興会が運営するアート販売サイト「アーティストパトロネージ」にて作品を販売する事ができるようになります。 デッサン講師としてのスキルの証明をご希望の方は、1級のデッサンレベルに加え、絵画理論試験(研究レポートと筆記試験)をご受験頂き合格すると、「デッサン」講師認定を取得できます。

 
 

3分でわかる受講の流れ

 
 
kouza-flow1
kouza-flow2
 
 

デッサンは様々なシーンで役立っています!

 
career-1
 

開講記念キャンペーンのお知らせ

 

campain-headcampain-main-2016-1
ベーシック講座お申込み
 
お気軽にお問合せください。
<一般社団法人 日本アート教育振興会>
TEL:0120-951-377 メール:dessin@jeara.jp